ダイバーシティ研究環境実現 イニシアティブ(牽引型)特設サイト

臨時託児室設置支援事業

【平成29年度下半期(10月~3月開催分)】

<申請受付:9月8日(金)まで>

~ 受付終了しました ~


大阪大学においては、育児に携わる教職員の参加の障壁を取り除くことを目的として、本学が開催に関与する、または本学で開催される学会、研修会、会議等で臨時託児室を設置する場合、その設置に係る費用の補助を行っています。

 

 

 

利用要件

(1)当該会議等が以下のいずれかを満たすこと。

  • 大阪大学が主催若しくは共催し、又は後援するなど、本学が当該会議等の開催に関与していること。
  • 当該会議等が大阪大学において開催されること。

(2)当該会議等の主催者が、当該会議等の開催及び臨時託児室の運営に関する業務を適切に行うことができる能力を有すると認められること。また、大阪大学の教職員を臨時託児室の設置・運営に関する責任者として置いていること。

(3)当該会議等の参加者が概ね50名を超えることが見込まれること。

(4)当該会議等の開催に当たって臨時託児室を設置する意義・効果が見込まれること。また、当該会議等の広報資料、臨時託児室利用者への配布資料等に、臨時託児室の設置に当たって大阪大学臨時託児室設置支援事業による補助を受ける旨を記載すること(主催者が学外の団体である場合には、大阪大学の補助を受ける旨の記載で可。)。

 

利用手順

(1)大阪大学の教職員(責任者)から男女協働推進センター宛に利用申請書(様式1)を提出。

(2)審査・選考後、責任者宛に採択結果を通知。

(3)主催者により、臨時託児室の設置場所の確保、受託業者の選定・契約、利用希望者の募集等を実施するとともに、会議等開催の1週間前までに、責任者から男女協働推進センター宛に準備完了報告書(様式2)を提出。

(4)会議等の開催/臨時託児室の設置。

(5)責任者から男女協働推進センター宛に実施報告書(様式3)を提出。

(6)男女協働推進センターから受託業者宛に直接支払い(ただし、補助上限額を超える金額については主催者から受託業者宛に支払い。)。

 

補助上限額

4万5千円

 

様式

利用申請書   利用申請書(様式1)記載要領(様式1)

準備完了報告書 準備完了報告書(様式2)記載要領(様式2)

実施報告書   実施報告書(様式3)記載要領(様式3)

臨時託児室設置支援事業実施要項

 

参考

 

留意事項

  • 本事業の補助対象となるのは臨時託児室の設置に係る費用のみであり、設置場所の借料や宣伝・広報に係る経費、キャンセル料等は補助対象外です。
  • 平成29年度につきましては、本事業に初めて申請される主催者を優先的に支援します。
  • 実施報告書に記載の内容(会議等の名称、主催者、開催日時・場所、臨時託児室利用者数等)については、本事業に関する普及・広報活動、効果の検証等に活用するため公表させていただくことがあります。

 

問い合わせ先

男女協働推進センター
[担当部署]
企画部男女協働推進・社学連携課男女協働支援係
TEL 06-6105-5989 (内線:9877 / 5989)
Email:ki-danjyo-shien■office.osaka-u.ac.jp
※メール送信時には、■を@に変換してご利用ください。

大阪大学男女協働推進宣言

PICK UP

  • 女性活躍推進のための後付近のお願い
  • 大阪大学 学内保育園
  • ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)
  • リンク集 内閣府男女共同参画局 厚生労働省 女性の活躍・両立支援 総合サイトなど
ページTOPへ戻る