ダイバーシティ研究環境実現 イニシアティブ(牽引型)特設サイト

これまでの大阪大学における取組み

女性研究者の研究活動支援に関する過去の取組状況

大阪大学では、平成17年度に「男女共同参画に関する検討ワーキング」を立ち上げ、平成18年度には「大阪大学における多様な人材活用に関する基本理念」を制定するとともに、「多様な人材活用推進委員会」を設置しました。平成19年度には文部科学省科学技術振興調整費による「女性研究者支援モデル育成」に本学のプログラム「次世代に繋ぐ女性研究者サポート連鎖の形成」(最終評価:A)が採択され、平成21年度には「男女共同参画に関する阪大プリンシプル」を宣言しました。平成22年1月には、総長を委員長とする「男女共同参画推進委員会」が、また4月には「多様な人材活用推進本部」「男女共同参画推進オフィス」が新設され、推進体制を強化し、本体制のもとで諸施策を実施してきました。これまでの取組により、研究支援員制度や学内保育園の整備、常勤女性研究者の増加、次世代育成対策推進法に基づく基準適合一般事業主「くるみん」の認定など一定の成果を上げました。男女共同参画の一層の推進を目指し、実効性のある施策を体系的・計画的・総合的に実施するため、平成24年4月に「大阪大学男女共同参画推進基本計画」を策定し、平成上位職を含めた女性研究者及び女性職員の採用・昇任の促進や、教職員のワーク・ライフ・バランスの取り組みを行ってきました。

関連する取組状況

次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、かつ、育成される社会の形成に資することを目的とした次世代育成支援対策推進法に基づき、本学では、平成17年4月から5年ごとに「一般事業主行動計画」を策定し、仕事と育児の両立支援に取り組んでいます。また、平成22年6月には、第1期一般事業主行動計画(平成17年4月1日~平成22年3月31日)に定めた目標を達成するなど一定の要件を満たしたことから、大阪労働局から基準適合一般事業主として認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。さらに、平成27年4月に第3期一般事業主行動計画(平成27年4月1日~平成32年3月31日)を策定し、引き続き、仕事と子育ての両立を図るために必要な雇用環境の整備等に取り組んでいます。

大阪大学男女共同参画推進基本計画

大阪大学では平成24年4月に男女共同参画推進基本計画(平成24-27年)を策定し、実効性のある男女共同参画推進の施策を体系的・計画的・総合的に実施してきました。

大阪大学男女協働推進宣言

PICK UP

  • 女性活躍推進のための後付近のお願い
  • 大阪大学 学内保育園
  • ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)
  • リンク集 内閣府男女共同参画局 厚生労働省 女性の活躍・両立支援 総合サイトなど
ページTOPへ戻る