ダイバーシティ研究環境実現 イニシアティブ(牽引型)特設サイト全国ダイバーシティ・ネットワーク

【開催のお知らせ】国際ワークショップ・公開講演会 

2017年度国際ワークショップと公開講演会のご案内

 

2017年度の国際ワークショップと公開講演会を下記の要領で開催いたします。

2017年度はテキサス大学(The University of Texas at Austin)より、

スティーヴン・ラッセル教授(Prof. Stephen Russell)を講師としてお招きいたします。

ラッセル教授は、主に青年期の、性別違和・性的指向や人種/民族的マイノリティ

にかかわってのいじめや差別、メンタルヘルスや支え合い、安全な学校のあり方

の研究を行ってきました。様々な学術賞を受賞し、

Society for Research on Adolescence (SRA)会長もつとめられました。

着目したいのは、いくつもの観点でマイノリティである

“multiple minority status”の研究を行っていることです。

内容詳細および参加申込方法などにつきましては、以下の学会ウェブページをご覧ください。

 

<国際ワークショップ>(抄訳あり)

◇テーマ: Multiple minority status and inter-minority conflicts/empathy:

How can we design better collaboration among various minorities?

多重マイノリティということと、マイノリティ間のコンフリクト/共感:

様々なマイノリティ間のよりよい協働をめざして

◇講師: Prof. Stephen Russell (The University of Texas at Austin)

スティーヴン・ラッセル教授(テキサス大学)

◇日時: 2017年11月3日(金)~5日(日)

◇会場: 大阪大学中之島センターおよび近隣会場

http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php

◇懇親会: 2日目に懇親会を開催予定です(会費3,500円程度を予定)

◇申込締切:2017年10月25日(水)(※延長しました)

◇申込方法:学会ウェブサイト内の申し込みフォームから

申込フォームのURL: https://goo.gl/bpRZVa

◇資格更新ポイント: 臨床発達心理士、学校心理士、臨床心理士の

資格更新ポイント対象です(3日間参加で取得可能です)。

※今回の国際ワークショップは、(一社)日本発達心理学会の主催、

大阪大学キャンパスライフ健康支援センター、大阪大学男女協働推進

センターの共催として行われます。

 

 

<公開講演会>(通訳あり)

◇タイトル: LGBT youth and bullying in the United States: Strategies to

create safe and supportive schools

アメリカにおけるLGBTの若者といじめ:安全で支えのある学校の創造

◇講師:  Prof. Stephen Russell (The University of Texas at Austin)

スティーヴン・ラッセル教授(テキサス大学)

◇日時: 2017年11月4日(土)午前

◇会場: 佐治敬三メモリアルホール(大阪大学中之島センター10階)

◇参加費: 無料

◇申込締切:2017年10月25日(水)(※延長しました)

◇申込方法:学会ウェブサイト内の申し込みフォームから

申込フォームのURL: https://goo.gl/o1Gczx

◇資格更新ポイント: 臨床発達心理士、学校心理士、臨床心理士の

資格更新ポイント対象です。

※今回の公開講演会は、(一社)日本発達心理学会の主催、日本臨床発達心

理士会、(公財)発達科学研究教育センター、大阪大学キャンパスライフ健

康支援センター、大阪大学男女協働推進センターの共催として行われます。

 

受け入れ担当:戸田有一先生(大阪教育大学)・葛西真記子先生(鳴門教育大学)

 

ワークショップ・講演会概要はこちら

チラシはこちら

 

 

大阪大学男女協働推進宣言

PICK UP

  • 女性活躍推進のための後付近のお願い
  • 大阪大学 学内保育園
  • ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)
  • リンク集 内閣府男女共同参画局 厚生労働省 女性の活躍・両立支援 総合サイトなど
ページTOPへ戻る