ダイバーシティ研究環境実現 イニシアティブ(牽引型)特設サイト全国ダイバーシティ・ネットワーク

日経ウーマノミクス2021シンポジウム で「三洋化成工業 優秀賞」を受賞

2021年7月13日(火)9時~17時、ハービスHALL(ハービスOSAKA B2F)にて、日経ウーマノミクス・プロジェクト実行委員会(日本経済新聞社)主催の学生・高校生応援イベント、「2021シンポジウム Are you ready?SDGsが拓く未来に向けて」が行われました。

本学からは、大学生座談会・コンテスト部門に、チーム「asiam-アザイム-」として、大井彩裕美さん(産研・工 M2)、宇都宮桜さん(産研・工 M1)、He Yuntingさん(産研・生命機能 M1)が参加し、見事「三洋化成工業 優秀賞」を受賞しました。
チーム「asiam」は、発表に向けて、産研協働推進チームのチーム長の服部梓准教授、社会ソリューションイニシアティブ(SSI)伊藤武志教授らの教職員の強力なサポートを得ながら、学内でSDGsに関する勉強会やミーティングを重ね、議論を行い、SDGsの目標を理解し、課題を探求してきました。
コンテストでは、「As I am. 日々の暮らしの中で、自分らしくアクションを!」と題して、各メンバーのクリーンエネルギー研究を起点に世界の環境問題の解決を目指すことを提示しました。SDGsの目標達成のためには、多くの人が正しく認知し、具体的な行動につながることが重要であるため、SNSでの発信、学内外でのプロモーション等、チーム「asiam」で積極的に広報も行ってきました。発表では、「いいね!の世界のために私たち一人一人がムーブメントを起こそう!」と力強く呼びかけました。
自分たちの研究を起点にした、非常にわかりやすくまとまった発表であったことが評価され、受賞につながりました。

同様のコンテストが、高校部門でも行われました。釣優香さん(工・D3)、Mao Yifeiさん(産研・工・M1)は、高校生サポーター(=Cheers!)として、高校生の座談会・コンテストでの発表を力強くサポートしました。
結果、釣さんがサポートした、大阪教育大学附属高校天王寺校舎「株式会社コペルニクス」が、「住友電気工業 優秀賞」を受賞しました。
Cheers!として、高校生に身近なロールモデルとしてサポートできたことは、とても貴重な経験となりました。

大学研究発表プレゼンテーションでは、大阪大学を代表して、丸山美帆子准教授(高等共創研究院/大学院工学研究科)が、ご自身の研究と経験について紹介し、さらに大阪大学には世界に羽ばたける素晴らしい扉がたくさんあること、各分野の最先端で活躍できる人材を育てる環境があることをアピールしました。

大阪大学ブースでは、野部侑希さん(工・M2)、高橋響さん(工・M1)、丸山美帆子准教授がブースを訪れる高校生の疑問や相談にお答えしました。現役学生による学生目線の温かく真摯な対応で、相談待ちの列ができるほどの人気ブースとなりました。

   

学生たちは普段の研究活動に加えて、発表コンテスト、ブース相談会への準備に熱心に取り組んできました。高校生に大阪大学の魅力を伝えることができたのももちろんですが、活動を通して、学生同士、学部や学年を越えたつながりができ、新たなネットワーク形成につながったことは、大きな糧となりました。
理系の女性比率は低くはありますが、このような活動を通して、縦・横・斜めのつながりを大切にしながら、視野を広げて羽ばたいてほしいと願います。

大阪大学男女協働推進宣言

PICK UP

  • 女性活躍推進のための後付近のお願い
  • 大阪大学 学内保育園
  • みんなの子育て・介護等両立支援ガイドブック
  • 各部局の取組み
ページTOPへ戻る