ダイバーシティ研究環境実現 イニシアティブ(牽引型)特設サイト全国ダイバーシティ・ネットワーク

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の新たな段階へ D&Iスペース完成記念式典を挙行、D&I推進宣言を公表しました

黒田会長(左)と西尾総長(右)によるテープカット

2021年9月3日、吹田キャンパスにて、大阪大学D&Iスペース完成記念式典を行い、D&I推進宣言を公表しました。式典は、十分な感染防止対策を講じて実施しました。

式典では、西尾章治郎総長から挨拶とD&I推進宣言が行われた後、コクヨ株式会社会長の黒田章裕様、文部科学省 科学技術・学術政策局 科学技術・学術総括官の氷見谷直紀様、国連広報センター所長の根本かおる様より、ご挨拶及びお祝いのメッセージをいただきました。
続いて、西尾総長から黒田様に大阪大学から感謝の気持ちを込めた記念の盾を贈呈しました。その後、テープカット、記念撮影及び島岡まな副学長による閉会の挨拶で式典を終えました。

このD&Iスペースは、「コミュニケーション」をコンセプトに、本学のダイバーシティ&インクルージョンの更なる推進のために設置され、コミュニケーションエリア、情報発信コーナー、D&I推進部署のオフィスにより構成されています。
スペースの建物は柱を抱き込む形で設置されています。柱は、婦人参政権運動のシンボル色の一つであり、現在では女性権利を象徴する紫色に塗装し、建物内から突き抜けています。
これは、大阪大学のダイバーシティ&インクルージョンの取組が突き抜けたものとなることの想いを表しています。
このスペースの設置にあたり、コンセプトの検討から空間、ロゴ、フラッグのデザインに至るまで、本学のD&I推進の決意に共感されたコクヨ株式会社、コクヨマーケティング株式会社に、多大なるご協力をいただきました。

式典の中で西尾総長から併せて公表したD&I推進宣言は、2016年の「大阪大学男女協働推進宣言」、2017年の「大阪大学『性的指向(Sexual Orientation)』と『性自認(Gender Identity)』の多様性に関する基本方針」を継承しつつ、これらを新たな段階へと発展させたものです。「全構成員の意識改革と学び方・働き方改革」「多様性の尊重と包摂に向けた多角的な取り組み」「ジェンダー平等に向けた均等支援」といった方針を柱としています。

多様性(ダイバーシティ)が個人のアイデンティティとして当たり前に包摂(インクルージョン)される環境が、本学、そして広く社会に根付くよう、今後も力強く取組を進めてまいります。本学は、決意を新たに出発いたします。

大阪大学男女協働推進宣言

PICK UP

  • 女性活躍推進のための後付近のお願い
  • 大阪大学 学内保育園
  • みんなの子育て・介護等両立支援ガイドブック
  • 各部局の取組み
ページTOPへ戻る